• English
  • アクセス

概要

ホーム > 概要

学科・専攻長あいさつ

電気電子工学および機械工学は、これまで長い歴史の中で独自の学問体系を構築し、産業界に優れた研究者技術者を多数輩出してきました。現在も、それぞれの分野で技術は発展を続け、次々に新しい製品を生み出しています。一方で、従来の機械の知識だけ、電気の知識だけでは開発できない工業製品も急増しています。たとえばハイブリッド自動車では、エンジンとモーターを巧みに協調させることで燃費や走行性能を向上させています。このような技術の開発のためには、電気電子と機械、両方の知識が必要になります。電気・機械工学科では、電気電子分野と機械工学分野の二つの専門分野を置き、学部一年のあいだは共通のカリキュラムで学ぶことで、機械を知る電気技術者と電気を知る機械技術者を育成します。その強みを生かし、卒業生たちが電気電子工学と機械工学それぞれの専門分野で、あるいは両者の融合分野で、中核的な研究者技術者として活躍してくれることを期待しています。

電気・機械工学科長/専攻長 市村 正也 教授

電気・機械工学科

自動車・鉄道・電気製品をはじめとする今日の私たちの身の回りの製品は、電子部品と機械部品の巧みな組み合わせによって設計されています。これらを実現するための原理や連携技術から、これらを造る生産技術まで、電気電子工学と機械工学の広範な知識と応用力を持った技術者教育が本学科の特色・強みです。教育目標に根ざして、本学科は2つのプログラムを用意しています。

photo

photo

電気・機械工学専攻

電気・機械工学専攻は、生活を豊かで実りあるものにするために、基幹分野として多様な工業技術・科学技術の創出を支える高度な教育と研究を行っており、電気電子工学、機械工学の学問的基礎を確実に踏まえ、かつ相互の連携を図りながら、革新的な技術創出を通じてイノベーションに貢献する人材を育成します。

photo

photo

ページトップへ

ページトップへ